着床障害を自宅で簡単に改善する方法とは!?

着床障害を自宅で簡単に改善する方法とは!?

 

mamanic

 

着床障害を改善できる栄養素として最も身近にあるのが葉酸です。

 

妊活女性に欠かせない葉酸は卵胞の発育促進効果があります。
子宮内膜を厚くする黄体ホルモンは卵胞が発育すると分泌されるためとても重要です。
また葉酸は貧血防止効果もよく知られています。

 

赤血球を増やして血液が豊富になると子宮内膜にある毛細血管に酸素と栄養が行き渡ります。
こうして血行が良くなれば自然と卵胞ホルモン黄体ホルモンの分泌が始まり、子宮内膜の状態が良くなります。

 

着床障害に良い成分って?

 

マカはペルー原産の植物で見た目はカブに似ています。
マカの成分にはエストロゲンの働きをする成分やホルモン分泌を促す成分があり、ホルモンバランスが整います

 

またマカに含まれるビタミンEにより血行改善効果もあります。
このビタミンEにも排卵をスムーズにする働きがありますので注目すべき成分でしょう。
そしてアミノ酸ビタミン類カルシウムが含まれていて妊活中のストレス解消に役立ちます。

 

そしてザクロもおすすめの成分です。
マカ同様、エストロゲンが多く含まれているので女性ホルモンの分泌が正常になります。
抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれており、女性の美容にも役立つ成分です。

 

mamanic

 

葉酸とマカを同時にとれるサプリメントはオーガニックレーベル葉酸があります。
これなら何種類もサプリを買わなくてもいいのでとても便利です。

 

運動も改善への大切な要素です!

 

mamanic

 

実は運動も大切な要素。

 

なぜなら肥満は脂肪組織でホルモンを吸収してしまい、ホルモン不足になってしまうからです。
それと同時に血行も悪くなるので子宮と卵巣の状態が悪化してしまいます。

 

毎日20分から30分程度でいいのでウォーキング、サイクリング、水泳などの運動を取り入れてみましょう。

 

とはいっても普段運動の習慣がない方が急激に過度な運動をするのは返って体に良くありません。
体調と相談しながらストレスをためない程度の運動を続けることが大切です。

 

更新履歴